老人ホームの選び方とそれぞれの長所と短所を知ろう

請求を楽にするソフト

PCを操作するウーマン

多くの利用者の会計を行なう介護施設ではその工数を減らすために国保中央会介護伝送ソフトが用いられます。伝送ソフトはいろいろな会社から販売されていて、それぞれのソフトごとに使用できる機能や料金に違いがあります。

More Detail

条件にあった施設の選び方

車いすと人

少子高齢化が進む日本では、老人ホームに住む人が年々増加傾向にあります。それに伴い老人ホームは様々な種類が登場しています。民間で営業している老人ホームや公共で運営している老人ホームなどがあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。その中でも入所条件が簡単なもので人気なのは特別養護老人ホームです。老人ホームに入所する条件として、介護度合いが確認されます。また、介護度合いは入所中に良くなったり悪くなったりすることで引っ越しをすることが必要になる場合もあります。
老人ホームの種類によっては、介護をいつでも受けることができる場所もあったり、定額で様々な介護プランをたててくくれるところもあるので、それぞれの老人ホームの特徴を確認するのであればネットの比較サイトを利用してみるとよいでしょう。比較サイトでは老人ホームの待遇や入所条件、金額などが記載されていて、ひと目で判断できるようになっています。またその他にも実際の利用者の感想がかかれているサイトもあるので、どういった環境かを判断することも可能です。施設によって入所できる人の年齢制限が設けられている事もあります。レクリエーションやイベントを開催している老人ホームもあるのでコミュニケーションの場としても有効活用することができます。それぞれの状況にあった老人ホームを探すのであれば、各施設の窓口に問い合わせをして最適な場所を選んでみるのもよいでしょう。

管理ソフトでできる事

パソコンを操作する人

多忙な介護施設を少しでも楽にするためのものとして介護保険ソフトというものがあります。介護保険ソフトでは、入所者ごとに状態管理や請求管理ができる上、看護職員の勤怠までも管理をすることもできます。

More Detail

施設ごとの違いと入所条件

女の人

老人ホームと一口でいってもいろいろな種類があります。有料老人ホームや高齢者型向け住宅といったものがあり、入所条件に合致していなければいくら料金の支払いが出来ても入所はできないので注意しましょう。

More Detail