老人ホームの選び方とそれぞれの長所と短所を知ろう

請求を楽にするソフト

PCを操作するウーマン

各介護施設の料金の請求は、利用者に請求をするのと国保連に請求することが必要です。その際に請求処理をしやすくするためのソフトとして国保中央会介護伝送ソフトがあります。ソフトはいろいろな会社から提供されており、パッケージ型やASP型のものが存在します。パッケージ型であれば、初期導入費にこそ料金がかかるもののASP型と比べて多機能であるため、様々な利用方法ができるのが特徴的です。一方ASP型の場合、パッケージ型と比べると初期で利用できる機能は比較的少ないのですが、その分料金が安いという特徴があります。また、機能に関しては後から拡張して増やしていくこともできるので、要望次第ではパッケージ型にも劣らないほどの機能をつけることも可能です。
国保中央会介護伝送ソフトの料金は、提供している会社によって大きく変わります。パッケージ型であれば、そのほとんどが10万円以上程しますが、ASP型の場合は月額料金での利用になるため数千円と比較的安価で利用することができます。また、ASP型の場合はネットを通じて常にサポートを受けることができるため、不明点などがあった場合でもいつでも担当者に確認を取ることできるので、不慣れな方でも安心して利用することができるでしょう。

国保中央会介護伝送ソフトは、請求処理を容易にしてくれるだけでなく個人個人の状態をデータ化して、管理しやすくする事ができます。また、紙面での管理でないため紛失をする心配がありません。国保中央会介護伝送ソフトを導入する場合は、各社に電話や申込みフォームから申込みを行ないます。初めて利用する場合は、無料の試用期間が用意されているところもあるので、それを活用してみるとよいでしょう。